難病対策と予防【痛風や慢性疲労を体の内側から撃退】

サプリメント

痛風にならないために

サプリメント

痛風という病気があります。痛風とは「風が吹くだけで痛い」ことが名前の由来となっています。代表的な症状としては関節(特に足の親指の付け根)の痛みがあります。痛みの発生するメカニズムとしては、血液中の尿酸値が高い状態が長く続くと、ある時その尿酸が結晶になります。それが関節に溜まることで関節周辺が赤く腫れ上がり、激しい痛みを感じます。常に痛むということはなく発作的な症状なのですが、尿酸値が高いまま放っておくと、また同じような発作が起きます。それを繰り返すうちに発作の感覚が短くなり、痛みの範囲も広くなってしまいます。
また、男性に非常に多い病気で、男性の患者数は女性の約10倍にもなります。その理由は明確で男性は女性よりも血液中の尿酸の濃度が高いからです。女性ホルモンには尿酸の排泄を助ける働きがあるため、体内に尿酸が残りにくい仕組みになっています。

では、痛風を予防するためにはどういった方法を取れば良いのでしょうか。予防するためには血液中の尿酸値をあげすぎないようにする必要があります。血液中の尿酸値は遺伝と生活習慣の両方によって決まります。そのため、遺伝的に尿酸値が高い傾向にある人は特に気をつけて生活するようにしましょう。具体的な方法としては、プリン体の多い食べ物は控えめにすることと適度な運動、ストレス解消の3つです。痛風自体は命に関わるような病気ではありません。ですが、尿酸値が高くなると糖尿病などの重大な病気に発展する可能性もあります。生活習慣を見直し、予防に努めるようにしましょう。